ワイヤレススピーカー Bang & Olufsen Beoplay M3

わざわざメインのオーディオセットで聴くのもめんどうだ。ジャズやクラシックをあまり気軽に良い音で聴きたい。という思いで、気軽にワイヤレスでスマホやNASの音源を聴くためのスピーカーを探してみた。

まず音の傾向だが、特に低価格のスピーカーは高音域が伸びず、低音が誇張したものが多い。これは、まったく好みと異なるので、まずここで探すのに苦労した。一般的に知名度も有り、手軽に手に入るBOSE もこの傾向だ。

次に接続方法だが、大抵のワイヤレススピーカーは、スマホから直接スピーカーに音を飛ばすことを前提に製品化されている。しかし、私の希望はNAS やミュージックサーバーに保存している音源をスマホのDLNAアプリを経由して再生したいというものだ。こうなると、ポピュラーな接続方法であるBluetooth接続ではなく、Wifi接続対応のものとなる。

ネットでさんざん調べた結果、最後に残った候補として、北欧のオーディオメーカー 「バング・アンド・オルフセン」の「Beoplay M3」とアメリカのスマートスピーカーメーカー「SONOS」の「Sonos One」 に絞り込んだ。

どちらもBluetooth 接続、AirPlay などのWifi接続に対応している。 さらに「Sonos One」 は、Amazon やGoogle の音声操作に対応している。

価格は、Beoplay M3のほうが若干高い。デザインは、似たような邪魔にならないデザインで、どちらも2本利用してステレオ再生にも対応している。ということで、どちらも似たような仕様・性能だ。

最後の決定要因は、音質でということになるが、Beoplay M3 はともかく、Sonos Oneは店頭販売がないため結局ネット上の評価で判断した結果。Beoplay M3を購入した。

さっそく大手家電販売店のネット販売で注文し、使い勝手を確認したところ、操作性は思っていたとおり、特に可もなく、不可もないといった印象だ。DLNA接続での再生も問題なく出来た。

しかし、最大のネックは、最も重要な音質だ。ネット上の評価では、音はフラットでクラシックにも向いているなどとあったが、実際は前述したような中音が前に出てきて、高音がややこもりぎみで、低音はブービーでとても気持ちよく音楽を楽しめるような音質ではなかった。

イコライザー等で、補正しても改善されず、早々とネットオークションで手放すという残念な結果になってしまった。やはり、オーディオ機器は実際に試聴すべきだと大いに反省しきりだ。